日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明治政府の国家神道は正しい選択だった!

釈迦の自己申告: インドの最高神・梵天(ブラフマー)に「貴方様(釈迦)は、私(最高神)を超えられた。今後は、貴方様を守護いたします」と言われた。

継体天皇(?)の御代にシナ人の司馬達等が仏像を携え来日したが、これを信じる者はいなかった。

538年(552年の説あり)百済聖明王が仏像及び経文を献じ、仏教の信奉を勧めた。

この時、蘇我稲目は「仏教を礼拝すべし」と主張し、物部尾輿はこれに反対し、議論の衝突が起こった。

天皇は稲目に仏像を賜り、試みに之を礼拝した。

当時疫病が流行し、物部尾輿は「国神の怒りである」と主張し、寺を焼いて、仏像を難波の堀江に投じた。

このことをきっかけに蘇我氏と物部氏の亀裂が深まり、蘇我馬子は物部守屋を殺し、厩戸皇子とともに仏教を奨励し、これより仏教が盛んとなる。

七世紀末に台頭する石上氏は、天武朝に物部氏の一流が改めたもので、大臣を輩出し氏族復興を成し遂げています。
その祖神をめぐっては、降臨・国見の伝承を持つことで知られ、王権内における位置づけはやや特異といえます。新撰姓氏録に載る石上氏同祖系氏族は113氏を数え、全体の9.6%を占めるなど、同族が多く存在します。また、広範な地域分布でも知られます。
まさに、古代最大の氏族と呼ばれるのにふさわしいのが、物部氏です。

明治政府の国家神道は正しい選択だった!



【画像は石上神宮(いそのかみじんぐう)公式サイト】より
http://www.isonokami.jp/shinwa/shinwa1.html

神武天皇をお助けした霊剣

☆ 神武天皇をお助けした霊剣
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。