日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【ネスレ・ボイコット】 日本人の手で売春婦像を根こそぎ倒しましょう!

【ネスレ・ボイコット】
告発と抗議行動により、1970年代半ばに問題は国際化した。1979年には
世界保健機関と国際連合児童基金によって国際会議が行なわれ、1981年、
「母乳代用品の販売流通に関する国際基準(通称:WHOコード)」が
賛成多数で採択された(日本は棄権)。
こうした動きのなかで1977年、女性を中心に当時の乳児用粉ミルクの最大手だった
ネスレ社を相手にした不買運動、ネスレ・ボイコットが開始された。

日本では乳幼児食品に対する広告を規制するWHOコードはほとんど
採用されていない。
また、関心も問題意識も低いため、この運動そのものはごく一部の認知になっている。

ネスレ米国法人の本社が立地するカリフォルニア州の
グレンデール市はネスレの企業城下町である。

★ グレンデール市は売春婦像を建立する大馬鹿シティー。

ネスレ・ボイコット!

【参照】
「ネスレ」(ウィキ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC

「ネスレ・ボイコット」(ウィキ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88



☆ ネスレ・ボイコットに便乗しましょう!

売春婦像を根こそぎ倒しましょう!

問題意識を高めましょう。

ネスカフェ、キットカット、ブライト、マギーブイヨン、ミロ(などのネスレ商品)を不買!

ご協力をお願いします。


【拡散】をお願いします。

日本人の手で売春婦像を根こそぎ倒しましょう!


売春婦を奉る街、グレンデール
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。