日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本を取り戻す



安倍総理は、平成25年(2013年)12月26日、靖国神社参拝されました。

モーニング姿で本殿に参拝し、「内閣総理大臣 安倍晋三」名で白い菊を献花しました。

靖国神社境内にある世界の全ての戦没者を慰霊する「鎮霊社」にも参拝しました。







日本の現状で、総理大臣の適任者は、安倍晋三さんだけです。

日本を取り戻すためには、内閣総理大臣の座に安倍晋三さんが就かれつづけることが肝要です。



安倍総理を応援しましょう。





スポンサーサイト

PageTop

右の子のほうが人気があります。



右の子のほうが人気があります。





PageTop

税金が、芸人の不倫部屋の家賃に使用されていた!



【生活保護費回収断念】「不倫部屋」家賃に使用も「何で私だけ、返還納得できない」
http://www.sankei.com/west/news/160209/wst1602090051-n1.html

 「私だけ返還するのは納得できない」。大阪府内の40代女性は、不倫関係にあった男性と“密会”するマンションを借りるために生活保護を申請、受給を受けていたという。だが、大阪市に不正受給と認定され、今後少なくとも400万円の返還が必要になった。

 関係者によると、男性は妻子ある40代のお笑い芸人。約4年前に女性と不倫関係になり、2人で下見した上で大阪市浪速区内に家賃4万3千円の賃貸マンションを借りた。

 収入がなかった女性は、同区役所に生活保護費の支給を申請し、月額約12万円が認められた。月に一度の支給日には女性が保護費を受け取り、家賃の支払いや2人の外食代などに充てていたという。

 ところが昨年夏、女性にマンションでの居住実態がないことが区の調査で判明。区は不正受給と認定し保護を打ち切った。不倫関係はすでに解消され、女性は400万円以上の保護費返還のため大阪・北新地の飲食店で働き始めたが、返還義務を一人で背負うことに納得はできていない。

 「(男性も)一緒に部屋を使っていたのだから、返済に協力してほしい」



ネット民が、上記の芸人を特定!

平山 昌雄(ひらやま まさお)氏です。



平山 昌雄(ウィキ)より転載します。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E6%98%8C%E9%9B%84

平山 昌雄(ひらやま まさお、1974年12月9日 - )は、日本のお笑い芸人である。兵庫県尼崎市出身。身長174cm・体重64kg。 血液型はO型。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属、吉本新喜劇の団員。













PageTop

「日本は現金自動支払機ではない」 ホワイトハウスに猛抗議した中川昭一氏をしのぶ



「日本は現金自動支払機ではない」 ホワイトハウスに猛抗議した中川昭一氏をしのぶ
【2013.09.27】

 2008年9月のリーマン・ショックから5年。当時、「日本は黙ったまま、世界のキャッシュ・ディスペンサー(現金自動支払機)になるつもりはない」と、ホワイトハウス向けに伝言した男がいる。中川昭一財務・金融担当相(当時)だ。

 中川さんはリーマン・ショックの直後、財務相に就任。同年10月10、11日両日、ワシントンを訪問、先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議などに出席した。

 10日昼には、ポールソン米財務長官と会談。長官はリーマンの余波で経営危機に見舞われた金融大手、モルガン・スタンレーの破綻阻止で頭がいっぱいだった。当初は中国の国家投資ファンド、中国投資有限責任公司(CIC)に救済出資を求めて交渉していたが、返事ははかばかしくない。

 そこで、ポールソン長官はブッシュ大統領に対して「大統領の方から直接、胡錦濤国家主席に電話して協力を要請することになるかもしれません」と打ち明けるほどの窮地だ。米大統領が中国共産党のボスに頭を下げるのは前代未聞、以降の対中外交上の力関係に響く。それでも計算高い、北京のこと、断られる可能性だってある。ワシントンにとって政治的リスクが極めて高い取引になる。

 中国に代わる「白馬の騎士」候補が三菱UFJフィナンシャル・グループだが、三菱側は渋る。ポールソン長官は、「中川さん、あなたから三菱に救済に応じるように話してくれませんか」と頼み込んだ。

 長官の回顧録によると、中川さんは「力添え」の明言を避けたが、「注視していく」と返事した。長官は「これ以上期待できないほどありがたい言葉だ」と安堵(あんど)した。実際にその後、三菱は救済出資に応じ、モルガンは生き残った。

 舞台は一転して、翌日の11日午前、中川さんはブッシュ大統領主催のホワイトハウスのローズ・ガーデンでのG7財務相歓迎式典に出席。そこに飛び込んできたのは、北朝鮮に対する米国の「テロ国家指定解除」という重大ニュースだった。

 中川さんはそれを耳にするや、ブッシュ大統領に走り寄った。「大統領、どうしてですか。日本人などの拉致問題をどうするのか」と詰め寄る。大統領は「あそこにいるコンディ(コンドリーザ・ライス国務長官)に聞いてくれ」と逃げ出した。

 中川さんは帰国の翌週、訪ねてきた米共和党の要人に向かって、口頭でホワイトハウスへの伝言を託した(筆者はこの場に居合わせた)。その内容が冒頭の言葉である。米国や世界のために資金面で貢献するのに、対北朝鮮制裁解除のように蚊帳の外に置かれる。そこで捨て身の覚悟で抗議した政治家は、他にいない。

 翌年の10月3日、中川さんは不覚の死を遂げた。その後、デフレは加速し、余剰マネーが外に向け以前に増す勢いで流れ出る。アベノミクスの「脱デフレ最優先」の看板も、来年4月の消費増税で色あせるだろう。ほくそ笑むのは、財務官僚と米欧国際金融資本か。(産経新聞特別記者・田村秀男)

以上、
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130927/ecn1309270728004-n1.htm
より転載しました。

PageTop

かつて開放的な性文化があった農村



愛のコリーダ(1976)

アラン・レネやヴェンダースの作品のプロデューサーとして知られるフランスのアナトール・ドーマンのオファーを受けた大島は、阿部定事件をモチーフに性愛を核にした作品を構想するが、かつて「悦楽」がこうむった検閲を免れるために、フランスから輸入したフィルムをもって京都で撮影を行い、さらに撮影済みの生フィルムをフランスに送り返して現像・編集するというアイディアをもって本作を完成させた。こうした話題ゆえに、本作は日本初のハードコア・ポルノとしてセンセーショナルな風評を呼んだが、作品の実際は性に耽溺する定(松田英子)と吉蔵(藤竜也)の二人の世界を、官能の寿ぎの向こうにしのびよる死の影までを含めて描破した、静謐にして一種荘厳な作品である。カンヌ映画祭をはじめ大島の国際的な評価は熱烈に高まったが、日本では長く無残に修正された版しか公開されず、さらにシナリオ本が警視庁によって摘発され、大島は「愛のコリーダ」裁判を闘うことになるが、82年に東京高裁で無罪が確定した。



愛の亡霊(1978)

「愛のコリーダ」をめぐるスキャンダラスな騒ぎの後で、アナトール・ドーマンから続篇的作品を請われた大島は仏題「官能の帝国」の「愛のコリーダ」に対し、「情熱の帝国」と題された本作を発表するが、そのたたずまいは真逆の静けさに満ちたものである。都市部の町人文化の延長にある性愛を描いた「愛のコリーダ」に対し、本作ではかつて開放的な性文化があった農村を舞台にして、これが明治以降の富国強兵策のもと「猥褻」なものとして禁圧され始めた時代を描いた。日清戦争の帰還兵である青年(藤竜也)が、貧しい農村で車屋を営む男(田村高廣)の若々しい妻(吉行和子)と情交を持ち、ついに夫を殺す。遺体を井戸に沈めたものの罪の発覚におびえ続ける二人のもとに、夫が亡霊となって姿を現す・・。美しくも残酷な童話を語るように、大島は性の愛と美に惑溺し、破滅してゆく男女の姿を描いた。本作の芸術的貢献により、大島は1978年のカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。