日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青山繁晴信者への警告

スポンサーサイト

PageTop

「ゝ髷」(ちょんまげ) 丁髷(ちょんまげ)







チョンマゲという言葉の由来をググってみました。



丁髷(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%81%E9%AB%B7

丁髷(ちょんまげ)とは江戸時代の老人が結う男髷。

本来の丁髷は、兜をかぶったときに頭部が蒸れるため、前頭部から頭頂部にかけ頭髪を抜くあるいは剃った(月代(さかやき))残りの頭髪を結ったものをいう。髪の少ない老人が結う小ぶりな髷であり、その形から「ゝ髷」(ちょんまげ)と呼ばれた。なお現代、丁髷と呼ばれるものは、時代劇などでよく登場する銀杏髷、本多髷や相撲の力士が結う大銀杏である。しかしこれらは本来の丁髷ではない。現在見られるもので本来の丁髷に一番近いものは、月代は剃っていないものの、力士が稽古時に結う髪型である。

明治4年8月9日(1871年9月23日)に散髪脱刀令(いわゆる断髪令)が太政官布告され、さらに明治6年(1873年)、明治天皇の断髪に至ると、伝統的な男髷を結う男性が激減し、洋髪やざんぎり頭が流行した。それでもなお保守的な男髷姿を選ぶ人を(半ば揶揄して)「丁髷頭」と呼ぶようになった。この呼称が男髷の総称として用いられるようになった。

また、幼児向けの漫画やキャラクター商品において「ちょんまげ」と称しているものは簡略化がなされている。後頭部から垂直に髷を巻き立て毛先を円形に広げていることから茶筅髷を参考にしていると思われる。



上記のウィキの記述を見て、納得しました。

反日サヨクが、「丁髷(ちょんまげ)」を言葉狩りできない訳を納得できました。

日本史の史実が如実に伝わるから、反日サヨクは騒げないのですね。www

PageTop

週刊文春不買 #週刊文春不買 #文春不買





PageTop

週刊センテンススプリング(週刊文春?)

























































PageTop

マザー・テレサの日本人への言葉



マザー・テレサが、来日された時の日本人への言葉



「日本人はインドのことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります」
という発言は、日本企業がマザー・テレサに寄付しようしたことに対するものです。

日本に貧しい人がいないわけないのだから、インドではなく日本で使いなさいということです。



マザー・テレサは、オスマン人です。



マザー・テレサことアグネス・ゴンジャ・ボヤジュは1910年8月26日、オスマン帝国領のユスキュプ(現代のスコピエ)に生まれた。

つまり、マザー・テレサは、オスマン人です。

母のドラナはアルバニア人で、父のニコルは少数民族の(ルーマニア人と同系の)アルーマニア人です。



マザー・テレサが生まれた所、スコピエは…

1世紀直前、ローマ人によって押さえられ軍の野営地となった。

ローマ帝国が395年に東西に分かれるとスクウピはコンスタンティノープルのビザンティンの支配下に入った。中世初期の多くの期間ビザンティンと第一次ブルガリア帝国の間でその覇権が争われ、972年から992年にかけてスコピエには第一次ブルガリア帝国の首都が置かれた。1282年からは町はセルビアの支配下に入り、1346年にセルビア帝国の首都が置かれている。1392年、スコピエの町はオスマン帝国に征服されオスマンの人々は町をユスキュプと呼んでいた。以来、約500年以上にわたりオスマンの支配下にありユスキュプ・パシャサンジャクの首都で後にコソボ州の首都であった。この期間に現在でも市内に残る著名なオリエンタル様式の建築物の多くが造られている。

1912年に町はバルカン戦争の期間セルビア王国によって征服され、第一次世界大戦後、新たに形成された後のユーゴスラビア王国となるスロベニア人・クロアチア人・セルビア人国の一部となる。第二次世界大戦時には町は枢軸国の一部であったブルガリア王国の軍によって占領された。1944年にはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国であるマケドニア社会主義共和国の首都となる。スコピエは第二次世界大戦後に急速に開発されるが、1963年に発生した1963年スコピエ地震によりその発展が一時滞る。1991年にはユーゴスラビアから独立しマケドニア共和国の首都となっている。

スコピエはヴァルダル川の上流部にあり、ベオグラードとアテネのバルカン半島の南北を結ぶ回廊に位置しほぼ中間にあたる。



マザー・テレサが生まれて2年後に故郷がセルビア王国に征服され、その後も次々と他国に蹂躙されつづけました。

マザー・テレサには、祖国がなかったも同然です。

ですから、マザー・テレサの目には、大和心(大和魂)が羨ましく映ったかも知れません。

「祖国がある日本人が、なぜ、同胞(日本人)を助けずに、私(マザー・テレサ)に寄付するのか?」と不思議だったと思います。



日本人は、マザー・テレサの言葉を噛みしめる必要があります。

PageTop

「国民の憲法」要綱(憲法改正案)



「国民の憲法」要綱(憲法改正案)



産経新聞「国民の憲法」要綱

 「国民の憲法」要綱は、前文のあと、「天皇」「国の構成」「国防」と続き、12章117条で構成する。

 まず、わが国が天皇を戴(いただ)く立憲君主国という国柄を第1条で定めた。現在の「国民統合の象徴」に加えて天皇は「国の永続性の象徴」でもあるとした。たびたび議論があった天皇の法的地位も国の代表者である「元首」と明記。皇位も「皇統に属する男系の子孫」が継承するとした。

 前文ではわが国の文化、文明の独自性や国際協調を通じて重要な役割を果たす覚悟などを盛り込んだ。連合国軍総司令部(GHQ)の「押しつけ」とされる現行憲法で、特に前文は「翻訳調の悪文」「非現実的な内容」「日本の国柄を反映していない」といった批判があった。憲法は国民に大局的指針を示す格調ある法典でもあるべきだとして、全面的に見直した。

 「国民」「領土」「主権」や国旗・国歌について第二章「国の構成」で新たに規定した。国民主権を堅持し、国家に主権があることも明確にした。主権や独立などが脅かされた場合の国の責務も明らかにした。

 現行憲法で「戦争の放棄」だった章は第三章「国防」と改めた。国際平和を希求し、紛争の平和的解決に努めつつも、独立や安全確保、国民の保護と国際平和に積極貢献できるよう軍保持を明記。国家の緊急事態条項では、不測の事態下での私権制限が可能とした。

 国民の権利、義務の章では、家族の尊重規定や国を守る義務を新設。権利と義務の均衡を図りつつ環境権や人格権など新しい権利を積極的に取り入れた。

 国会では参議院を「特色ある良識の府」にすべく諸改革を提言。内閣では首相の指導力を強化するよう条文を見直した。憲法判断が迅速化するよう最高裁判所への専門部署の設置を提言したほか、地方自治の章では、地域に主権があるかのような主張を否定した。

 要綱の提言を通じ本紙は国民の憲法改正への論議が豊かで実りあるものとなるよう期待している。

■独立自存 他の力に頼ることなく、自らの力で生存を確保することをいう。哲学者、西田幾多郎も著書「善の研究」で独立自存の重要性を説いている。



以上、
産経新聞「国民の憲法」要綱
http://www.sankei.com/politics/news/130426/plt1304260047-n1.html
より抜粋しました。

PageTop

『禊教 身曾岐神社』



禊教 身曾岐神社
http://www.misogi.jp/




身曾岐神社は、純粋な神道の正道、大道に則った立派な神社です。

根拠が確かですが、それなのに、根拠を示さずに中傷する人がいます。

それで、念押しの為にブログに根拠を載せておきます。



凄い経歴の神道家、永川辰男(ながかわ たつお)先生が、
http://rakkosya.com/profile.html

「1984年 禊教身曾岐神社参拝(小渕沢)。坂田安儀氏と面談。」
と明記されています。



私のような中途半端な者では、なく、永川先生は、1994年に

宮中参内。天皇皇后両陛下拝謁。
天皇皇后両陛下 近江神宮御親拝に際し、斎館接待の栄に浴す。

されている立派な神道家です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。