日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

◇ 文化勲章の親授式を欠席した 仲代達矢 氏 ◇



文化勲章の親授式を欠席した仲代達矢氏の行動に疑問を抱いた『憲法一条の会@1jonokai』は、仲代氏に公開質問状を送付して、その事をツイートしています。
そのツイには、公開質問文へのリンクが貼って有ります。ご覧いただけませんか。



仲代達矢氏への公開質問状

平成27年11月5日

無名塾 仲代達矢様

憲法一条の会 代表 小野馨子

謹啓
突然お手紙を差し上げますご無礼をお許しください。私達は皇室問題を研究、情報発信している「憲法一条の会(代表小野馨子)」と申します。活動趣旨は「皇室への不敬を許さない」という国民の声をアピールし、同時に憲法一条に関する議論をおおいに盛り上げることで、改めて世間に皇室の尊さを広く啓蒙するというものです。
先ずは、文化勲章受章、真におめでとうございます。仲代様の長年の活動が高く評価されたものとして、ファンの一人として心よりお喜び申し上げます。
さて、それはそうとしまして、先日3日、皇居において文化勲章の親授式が開かれました。報道で知ったのですが、仲代様は勲章を授与されたにも関わらず、この式典を欠席されました。欠席の理由は「3年前から決まっていた舞台公演中のため」とのこと。しかし、天皇陛下から直接勲章をいただけるという、日本人としてこの上ない名誉である親授式に欠席されたことは到底納得できません。
観客への配慮を踏まえ、公演に穴を開けぬよう日程や時間を調整することはできなかったのでしょうか。役者は「親の死に目にも会えない」などと言いますが、まったく重みが違うと思います。
舞台公演は大切な文化的活動ではあることは重々承知していますが、我が国において、どのような用事よりも、国の象徴であらせられる天皇陛下から直接、文化勲章を賜るという名誉ある式典への出席は、何よりも最優先させなければならないことは言うまでもないことと思います。親授式出席のための公演の日程、時間変更等があっても、観客は皆、喜んで理解を示すのではないでしょうか。勲章を賜りつつ、天皇陛下がお出ましになる式典に欠席したということは、日本国憲法において国の象徴と定められた天皇陛下および皇室の伝統をあまりにも軽視したものではないか、と言わざるを得ません。遺憾の極みであります。仲代様のお考えをお伺い出来れば幸甚に存じます。

返信用切手を同封しておりますので、2週間程度で書面にてよろしくお願い申し上げます。なお、仲代様のご所見は公開しますので申し添えます。


以上、
『仲代達矢氏への公開質問状』
http://www.1-jo.info/onokaoruko4.html
より転載しました。


【※】 仲代達矢 氏の行動に疑問を抱かれましたら、拡散をお願い致します。

スポンサーサイト

PageTop

◇ 中山みき(美支)に神懸かりした神を審神できました。 ◇



大本では、出口なお(直)に神懸かりした神は、「日本神話の創造神 国常立尊」と審神されています。



天理教では、中山みき(美支)に神懸かりした神は、審神されていませんでしたが…

天理王命(てんりおうのみこと)とは、物部 守屋(もののべ の もりや)と審神できました。



しかし…

理解者が、現れるかどうか心配です。

なにしろ、私に向かって、「神道とは、どんな宗教も受け入れる大らかなものですよね?」とツイートして来た人が実在するのですから。

神道とは、開祖がいない宗教です。

ブッダが開祖の仏教、キリストが開祖のキリスト教など殆どの宗教が、開祖がいます。

第一、「神道とは、どんな宗教も受け入れる大らかなもの」という説が、事実なら、私が主張する「日本は、神道の国」という言葉を受け入れてくれる筈です。



「日本は、神道の国」=「日本は、仏教の国」


この二つの言葉(定義)は、両立できません。



「日本は、神道の国」


この一つの言葉(定義)だけが、事実、真実、真相、実相を表現しています。

PageTop

◇ 逆刃刀(さかばとう)外交の提言 ◇



プーチン大統領
「柔道との出会いは、私に転機をもたらしました。考え方や人生観、人の接し方も変わりました。私はどちらかといえば短気な方で、すぐに頭に血が上ってしまうタイプでした。でもそれが好ましい結果をもたらさないことを、柔道を通じて学びました、大切なことは自分の気持ちを抑えることで、冷静になればどんな状況でも素早くかつ適切に対応することが出来ます。そういう教訓を私は柔道から得ました」
http://www.yamashitayasuhiro.com/kouenroku/060308/




刀匠「新井赤空」が、柔道の精神のような日本刀を作りました。

峰と刃が逆になっている、逆向きに持ち替えない限りは人を殺せない刀です。

京都の白山神社に御神刀として奉られていた赤空最後の一振り「逆刃刀・真打」


世界的な人気を博しています。

しかし、残念ながら、和月伸宏氏の創作漫画です。



安倍晋三総理と麻生太郎副総理が、連名で、日本一の刀匠に「逆刃刀」を発注して

プーチン大統領に贈与してください。

「私たちには、冷静に対応して下さることを祈念してプレゼントします」という言葉を添えて。

この「逆刃刀」外交をすれば、シナ共産党政権に対して、大きなプレッシャーを掛けることが出来ると思います。

どうか、ご検討をお願い申し上げます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。