日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

◇ 石上神宮 ◇



石上神宮の公式ホームページ
http://www.isonokami.jp/shinwa/shinwa1.html
より転載します。



神話にみる 石上神宮の神様

布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)

神武天皇をお助けした霊剣

神武天皇は「東方に国の中心で、すばらしく美しい土地がある」と、九州の高千穂宮を出発し、船で海を渡り、大和に向いました。途中幾多の困難に遭遇しながら進んでいきます。熊野では賊の毒気にあたって全軍が壊滅寸前の状態に陥ります。その時に高天原から降ろされた一ふりの横刀(たち)(またの名を布都御魂・ふつのみたま※日本書紀では韴霊・ふつのみたま)を、高倉下(たかくらじ)が神武天皇に捧げます。するとこの横刀のもつ不思議な力、起死回生の力によって神武天皇の一行は蘇り、賊も退散。神武天皇は、無事に大和を平定することができました。



神武天皇の橿原の宮

神武天皇は大和平定の後、「民を利することであれば、聖業に違うことはない」「国の中をひとつにし、都を開き、八紘(あめのした)をおおって宇(いえ)とする」等を内容とした「建都の大詔」を発せられて、国の都を橿原の地に定められました。その2年後に即位され、初代の天皇となられます。神武天皇は、国譲りや国土平定に功績のあった韴霊剣を称えられ、物部氏の遠祖・宇摩志麻治命(うましまじのみこと)に命じ、宮中においてお祀りされることとなりました。この後、第10代崇神天皇の7年に物部氏の祖・伊香色雄命(いかがしこおのみこと)が、現在お祀りしている石上布留高庭にお遷(うつ)ししてお祀りされました。『古事記』にも「この刀は石上神宮に坐(ま)す」つまりは、御鎮座になっている、と記されています。

---------

【※】神武天皇は、「国の中をひとつに」と願われました。

中華思想とは、全くの別物の思想です。

石平さんの解釈は、間違っています。

スポンサーサイト

PageTop

私は『大阪府大阪狭山市』が大好きです。



私は『大阪府大阪狭山市』が大好きです。

『大阪府大阪狭山市』に憧れています。

日本で一番最初にパチンコ屋を廃絶したからです。
http://www1.g-reiki.net/osakasayama/reiki_honbun/k233RG00000387.html

もう、『大阪府大阪狭山市』の地面に接吻したいほど大好きです。



『大阪府大阪狭山市』にベートーベンの「エリーゼのために」を捧げます。(*^^)v




PageTop

日本は、神道の国です。

.

Godは、日本の神 とはかなり異なる
http://izumo-murasakino.jp/yomimono-024.html



出雲大社は、江戸時代前期に神仏分離が行われました
http://www.izumo-murasakino.jp/yomimono-013.html



坂本龍馬が、姉に送ったあの有名な手紙の【現代語訳】
→ 朝廷から神国日本を守ろうとの呼びかけを行なってもらい


【原文】
朝廷より先ヅ神州をたもつの大本をたて
http://www.aozora.gr.jp/cards/000908/files/51396_39894.html



※頭の柔らかいことで有名な坂本龍馬も我が国日本を「神国 (神州)」と呼んでいます。

大東亜戦争が、終了するまでが、神道の国で、それ以後が、そうで無いとは有り得ないです。

GHQの占領政策に騙されないよう気を付けましょう。

PageTop

升田幸三を祀る神社を建立する運動

GHQを凌駕した升田幸三。

日本を取り戻すために、升田幸三を祀る神社を建立しましょう。


升田幸三の実績を記した『将棋/将棋棋士紹介』
http://allabout.co.jp/gm/gc/412345/3/
より抜粋します。

「冗談ではない」

冗談を言ったつもりなど、みじんもないGHQ将校たちは、あっけにとられる。チェックメイトではないのか?

その表情を升田は見のがさない。

「チェスこそ、捕虜の虐待、いや虐殺だ。」

取った駒を使えぬチェスを、逆に否定した。いや、それどころではない。虐殺とまで言い切ったのだ。攻めには、それを上回る攻め。これぞ、升田将棋そのものだ。

「そこへいくと、日本の将棋は、捕虜を虐待も虐殺もしない」

通訳もうろたえる。必然的に間合いができる。また酒に手をやる升田。

「将棋では、つねに全部の駒が生きておる。これは能力を尊重し、それぞれに働き場所を与えようという思想だ」

升田の言葉は盤面を踊る駒のように、躍動する。

「しかも、敵から味方に移ってきても、金は金、飛車なら飛車と、元の官位のままで仕事をさせるのだ」

通訳の言葉を聞き、口をぽかんと開ける将校達。升田は缶ビールを片手に、敵の標的を逆手に取り、とうとうと説教を垂れる。もはや、どちらが尋問しているのかわからない。

しかし、GHQには、奥の手があった。そう、「名人」木村義雄の件だ。前述の通り、木村の将棋観が日本軍に関わったことは動かしがたい事実。升田はそこを突かれる。勝負は最終局面を迎えた。木村をかばえば、将棋がつぶされる。かと言って、将棋を守ろうとすれば、名人一人に責任をかぶせることになる。王手飛車取りをかけられた升田、最大の危機だ。

だが、升田は逆王手をかけてみせる。

「戦争中、あの人が海軍大学などを講演して回り、おかげで日本は戦争に負けた。オレが代わりにやっとったら、日本が勝っておる。おんどれらにとっちゃ、あの人は大恩人なんだぞ」

今度は敵の標的を大恩人に変えての演説だ。ことここにおよんで、将校達に変化が訪れる。魅了されたように聞き入り始めたのだ。

その後、演説は5時間以上も続けられた。これも、対局に数日をかける升田にすれば、何のことはない時間であるが、相手にとっては、かなりの時間だ。酒、チェス、血圧から政治まで、話は多岐にわたり、どれもが、聞かせる内容だったのだ。そして、最後の寄せの一手は、次の言葉だった。

「巣鴨にいる戦犯の連中を、殺さんで欲しい。彼らは万事よく知っており、連中を殺すのは、字引を殺すようなものである。生かして役立てる道を考えてもらいたい」

標的とされた持ち駒ルールの精神を占領政策に取り入れろとしめくくった。

升田幸三がGHQを詰んだ瞬間だ。

みごとな対局だった。だが、対局は一人ではできない。升田を認め、許容する力を持つ相手だったからこそ残せた棋譜なのだ。対局者は民生局長ホイットニー准将、マッカーサーにつぐGHQナンバー2、日本国憲法の草案にも関わった男だった。

こうして、将棋は生き残った。標的となった多くの他の文化と違い、一度も途絶えることなく、現在に至ることができた。

以上、
『将棋/将棋棋士紹介』(有田英樹)
より抜粋しました。

PageTop

ダンマバーヌよ、文句があるなら正々堂々と、かかって来い!

京都府船井郡京丹波町にブッダが悟った瞑想法を実践しているダンマバーヌという施設が在ります。

10日間、人と話してはいけないと規律があります。アイコンタクトも禁止されています。

私は、期待して参加しましたが、若年者の男が私に何度もメンチをきってきました。

私は、規律を守って無視していましたが、9日目に我慢できなくなりました。

その若年者の男の目線を逸らさず、相手に近づいて行きました。そしたら、逃げていきました。

最終日の10日目に瞑想が終了してから、分かったのですが、その若年者の男は、瞑想の古参者だと知り、呆れました。

それ以外にも規律を破っている古参者がいたので、もうその瞑想法はこりごりです。二度と行なっていません。

参加料はゼロ円で、任意の寄付金だけで賄われている施設です。

最終日には、寄付金も出したくなかったのですが、順番の列に並んでいる時に、すぐ前の人が、7万円を寄付していましたので、同じ金額を寄付しました。

その後、寄付を受領した古参者が、リーダーの古参者に「財布に万札が一杯あるのに、7万円だけの寄付だ」と言っているのが聞こえました。
リーダーも同調して、「へぇー、ケチな奴だな」と馬鹿にされました。

一体、ブッダが悟りを得た瞑想法とは何なんだ?

その施設は、「999人も殺した殺人鬼をも改心させた偉大なブッダの瞑想法だから、完全無欠だ」と主張している。

ほんまかいな?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。