日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「私は国壊議員や」←辻元清美の発言

辻元清美
「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の、“国壊議員”や!」


2005年10月1日、アダルトイベント「女祭」での発言

自身を「国を壊す議員や」と称している辻本清美は、2003年、秘書給与詐欺容疑で警視庁に逮捕された。

逮捕後は容疑を全面的に認めた。

起訴された辻元清美は罪状を認め、2004年、懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を受けた。

2009年、猶予期間満了。

2005年9月の衆議院議員総選挙では社民党公認で出馬し、大阪10区では敗北したが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活。

執行猶予期間中に比例で復活したような辻元清美が、

「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の、“国壊議員”や!」


こんな物騒な事を発言している!

日本国民に周知拡散をお願い致します!


【画像】辻元清美の秘書給与詐欺事件の新聞記事

辻本清美被告 詐欺罪 懲役二年 執行猶予五年

スポンサーサイト

PageTop

明治政府の国家神道は正しい選択だった!

釈迦の自己申告: インドの最高神・梵天(ブラフマー)に「貴方様(釈迦)は、私(最高神)を超えられた。今後は、貴方様を守護いたします」と言われた。

継体天皇(?)の御代にシナ人の司馬達等が仏像を携え来日したが、これを信じる者はいなかった。

538年(552年の説あり)百済聖明王が仏像及び経文を献じ、仏教の信奉を勧めた。

この時、蘇我稲目は「仏教を礼拝すべし」と主張し、物部尾輿はこれに反対し、議論の衝突が起こった。

天皇は稲目に仏像を賜り、試みに之を礼拝した。

当時疫病が流行し、物部尾輿は「国神の怒りである」と主張し、寺を焼いて、仏像を難波の堀江に投じた。

このことをきっかけに蘇我氏と物部氏の亀裂が深まり、蘇我馬子は物部守屋を殺し、厩戸皇子とともに仏教を奨励し、これより仏教が盛んとなる。

七世紀末に台頭する石上氏は、天武朝に物部氏の一流が改めたもので、大臣を輩出し氏族復興を成し遂げています。
その祖神をめぐっては、降臨・国見の伝承を持つことで知られ、王権内における位置づけはやや特異といえます。新撰姓氏録に載る石上氏同祖系氏族は113氏を数え、全体の9.6%を占めるなど、同族が多く存在します。また、広範な地域分布でも知られます。
まさに、古代最大の氏族と呼ばれるのにふさわしいのが、物部氏です。

明治政府の国家神道は正しい選択だった!



【画像は石上神宮(いそのかみじんぐう)公式サイト】より
http://www.isonokami.jp/shinwa/shinwa1.html

神武天皇をお助けした霊剣

☆ 神武天皇をお助けした霊剣

PageTop

香山リカの医師免許剥奪の意見書を厚労省に送付

香山リカの医師免許剥奪の意見書を厚労省に送付しました。

厚労省の「国民の皆様の声」 送信フォーム
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html


送付した意見書を下に転載します。

【件名】
精神科医、香山リカ(芸名、ペンネーム)の医師免許を剥奪してください。

【内容】
精神科医の香山リカ(54歳)は生放送番組「虎ノ門ニュース8時入り!」(スカパー!プレミアム)で人を誹謗中傷して、謝罪も何の説明もしないまま番組を降板しました。
またツイッターで、番組を批判して、騒動になると「アカウントを乗っ取られた」と説明し、風説の流布でツイッター社を貶めました。
その件でも追及されると、「アプリケーションの誤作動」と別の言い訳に変えました。
番組のチーフプロデューサーが、真相を糺すと、香山リカは、一切返答せずに、チーフプロデューサーへの不満を述べて、出演辞退を申し述べました。
こんな香山リカに精神科医が務まるとは到底思えません。
香山リカに医師免許を交付したままでいると、厚生労働省の見識までも疑われます。

【※】下に、香山リカ騒動の顛末を報道した記事を添付します。

香山リカ氏降板 番組側説明全文(1)
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/05/08/0008007281.shtml
香山リカ氏降板 番組説明全文(2)
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/05/08/0008007283.shtml

PageTop

美空ひばりは、生粋(純粋)の日本人です。

平成元年(1989年)6月24日、美空ひばりが死去しました。

すると、韓国の週刊誌で在日韓国・朝鮮人であるかのような記述がありました。

それで、『週刊文春』が徹底的に調査し、1989年8月10日号にて、美空ひばりの在日認定は事実無根の都市伝説であると証明しました。

ひばりの父親・増吉、そして祖父も戸籍は、栃木県豊岡村です。

日韓両国の関係者多数にインタビュー。

「ひばりが韓国系であることの根拠?それはずっと昔から言われていたことで、韓国では常識になっています」という韓国の週刊誌、白承悦編集部次長。
あちらの国ではもうそれは証明する必要のない定説と化している。

それに対する日本人関係者の反論。
「美空ひばりが韓国系と言われる根拠は?と尋ねても、韓国内に答えられる人はいない。すべて在日韓国人から伝えられた話ですから(ソウル特派員)」
「韓国の人は誰もがあんなに歌のうまい歌手が日本人であるわけがないという。(中略)しかしだからといって、ひばりさんの韓国系説の証拠にはならない(コロムビア・ひばり担当の馬渕さん)」
「ひばりのお母さんはね、以前、韓国系説を聞いて、お父さんが韓国人だったら、もっと親切だったわよって笑ってましたよ(竹中労)」

増吉の生まれ故郷・豊岡村の近所の人の声。
「増吉さんも私の家も江戸時代から、ずっとこの村にあった農家です。昔は組頭を務めて、私の家より格は上だったらしい。でも、父親の長作さんの時代に没落して、私の家の小作人をやっていた。家は畑の中の小屋みたいなものだったけど。韓国人? そりゃデマだっぺ(加藤實今市市議会副議長)」





平成2年(1999年)発行の
『スター誕生 ―ひばり・錦之助・裕次郎・渥美清そして新・復興期の精神―』(講談社)
より転載します。

ひばりに詳しい芸能マネジャーのNさん。
「有名人はファンに騒がれると困るから、マネジャーが懇意にしてる店に深夜こっそり行くケースが多い。たまたま担当者が、ひばりと力道山の両方の興行にタッチしてると、同じ店を紹介する。ひばり母娘が、焼肉の食道園に顔隠してやって来たことが、韓国系だという証拠にはならないでしょう」


【※】週刊文春や講談社の書籍で、美空ひばりは生粋(純粋)の日本人と反論しても、在日社会は、在日認定を止めない。

しかし、日本人が、在日社会の根拠ない在日認定に負けてなるものか、と思われましたら、ツイートやFBなどで拡散をお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。