日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジョン・レノンが靖国神社を参拝している写真 & John Lennon - Imagine (Live)

ジョン・レノン 靖国参拝




スポンサーサイト

PageTop

蒼海に消ゆ  祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯

PageTop

名実ともに「空想的平和主義」の時代は終わった (門田隆将)

名実ともに「空想的平和主義」の時代は終わった (門田隆将)
http://www.kadotaryusho.com/blog/2014/04/post_754.html
[2014.4.9]

いよいよ日本と中国との鬩(せめ)ぎ合いが、国際社会の大きな焦点となってきた。訪中したアメリカのヘーゲル国防長官が4月8日、記者会見で述べた中身が要因だ。

ヘーゲル氏は、尖閣諸島(中国名:釣魚島)について「日米安全保障条約に基づく防衛義務を果たす」と明言した上で、昨年11月に中国が尖閣諸島の上空を含む東シナ海に広範囲にわたって“防空識別圏”を設定したことに言及し、「どの国も防空識別圏を設定する権利はある。だが、事前協議なしに一方的に設定すれば、緊張や誤解を招き、衝突を誘発する」と痛烈に非難した。

このヘーゲル発言にほっと胸を撫で下ろした日本人は少なくないだろう。虎視眈々と尖閣奪取を目論む中国に、「アメリカは(中国の尖閣奪取を)黙っちゃ見ていないよ」と、はっきり言明してくれたのである。

これに対して、中国の常万全・国防相は「領土問題で、われわれは妥協や譲歩、そして取り引きは一切しない。もちろん、わずかな領土侵犯も許さない。中国は日本とトラブルを起こすつもりはないが、領土を守る必要があればトラブルが起きることを恐れない」と語ったのである。

すなわち、尖閣はあくまで「中国の固有の領土」であり、「一歩も譲らない」との宣言である。報道によれば、この記者会見の前におこなわれた両者の会談は激烈なものだったようだ。

ヘーゲル国防長官に対して、常国防相は領土主権を「核心的利益」と主張し、「中国側からは挑発しない。しかし、必要ならば武力で領土を守る準備はできている」と、“恫喝”を忘れなかったというのである。

そして、東シナ海での日本、あるいは南シナ海でのフィリピンなどの動きを非難し、アメリカによる台湾への武器売却まで厳しく批判したという。つまり中国は、領土・領海に対する野心を、もはや「隠さなくなっている」のである。

尖閣をめぐる日中両国の紛争が、世界の“ビッグ2”アメリカと中国との激突に繋がるかもしれないという懸念によって、この問題が国際社会の大きな「焦点」に浮上したのは当然だろう。

私は、二つの超大国が、“日本をめぐって”激しく応酬していることを肝心の日本人はどう見ているのだろうかと、思う。一般のアメリカ人にとっては、極東の一地域で“日本のために”アメリカの若者の血が流されることを良し、とする人は少ないに違いない。

それでも、「アメリカは日米安保条約に基づき日本を守る」と宣言してくれている。この明確なアメリカの立場表明によって、中国が尖閣に対して露骨な動きをすることが難しくなったのは確かである。

それは、ヒラリー・クリントン国務長官が「日本の施政権を損なおうとする行為」に反対を表明し、中国の動きを牽制した昨年1月につづく、痛烈なるアメリカの意思表示だった。当ブログで何度も指摘してきた中国による「闇夜に乗じての尖閣上陸」と「建造物の建設」という“既成事実化”の戦略が「足踏み」したのは間違いない。

しかし、ワシントンで活発化する中国ロビーの動きと、大量保有する米国債の“人質作戦”が中国に功を奏し、尖閣が将来、日米安保条約第5条の「適用対象外」とされる可能性もまた否定できない。

日本は、その時の対応をきちんと考えておかなければならない。日本には、中国の代弁者である“親中派”のメディアや評論家が圧倒的に多い。彼らは“親中”を“親中国共産党政権”と勘違いしている人たちである。

言論や思想の自由を許さず、中国人民の人権を犯しつづけている中国共産党独裁政権のシンパを“親中派”として仰ぎつづけている日本のメディアの滑稽さに、アメリカ政府も気づいている。

そんな日本が、それでも、アメリカの若者たちが血を流してまで守る価値があるものかどうか、ひとたび尖閣紛争が起こった時は、きっとアメリカでも議論になるに違いない。

私たち日本人は、単なる中国共産党の代弁者に成り果てたメディアや言論人の言うことををきちんと見極め、自分たちの生命・財産、そして領土を守るために、毅然と対応してくれる人々を心から応援すべきだろうと思う。

3日前(4月6日)、アメリカの「ボイス・オブ・アメリカ」の中国語版サイトが注目すべき記事を掲載している。この記事の中で、アメリカのアジア太平洋外交を研究する香港大学のレイエス客員教授が、「東シナ海の小さな島(※尖閣のこと)をめぐる海洋領土紛争はより一層リスクが高まっている」と指摘しているのだそうだ。

その中で、レイエス教授は「ロシアのクリミア併合のような事態はアジアでも十分考えられる」と語り、もし本当に日本と中国が軍事衝突した場合、「アメリカは、日本が希望するように日本を支持できるのかどうか」と、疑念を呈したという。

クロアチアの危機が、クリミア半島から今度は国土の東部全域に広がる中、東アジアで同じことが起こらない保証はどこにもない。いや、現実に「アメリカは果たして日本を守れるのか」「クリミアのようになってからでは遅い」という懸念が湧き起こっているのである。

中国の台頭は、戦後日本を支配してきた「空想的平和主義」の時代の終焉を示している。「ヘーゲル国防長官vs常国防相」の昨日の激論は、平和ボケした日本人にそのことを告げている。そして同時に、覇権主義を剥(む)き出しにする中国と向き合う本当の「覚悟」を、私たちに求めているのではないだろうか。

PageTop

親日国 ポーランド

♪ 知らなかったの ポーランド 親日ぶりが凄いのね いきなり好きって言われた日 私は蜜になりました





PageTop

【ネスレ・ボイコット】 日本人の手で売春婦像を根こそぎ倒しましょう!

【ネスレ・ボイコット】
告発と抗議行動により、1970年代半ばに問題は国際化した。1979年には
世界保健機関と国際連合児童基金によって国際会議が行なわれ、1981年、
「母乳代用品の販売流通に関する国際基準(通称:WHOコード)」が
賛成多数で採択された(日本は棄権)。
こうした動きのなかで1977年、女性を中心に当時の乳児用粉ミルクの最大手だった
ネスレ社を相手にした不買運動、ネスレ・ボイコットが開始された。

日本では乳幼児食品に対する広告を規制するWHOコードはほとんど
採用されていない。
また、関心も問題意識も低いため、この運動そのものはごく一部の認知になっている。

ネスレ米国法人の本社が立地するカリフォルニア州の
グレンデール市はネスレの企業城下町である。

★ グレンデール市は売春婦像を建立する大馬鹿シティー。

ネスレ・ボイコット!

【参照】
「ネスレ」(ウィキ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC

「ネスレ・ボイコット」(ウィキ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88



☆ ネスレ・ボイコットに便乗しましょう!

売春婦像を根こそぎ倒しましょう!

問題意識を高めましょう。

ネスカフェ、キットカット、ブライト、マギーブイヨン、ミロ(などのネスレ商品)を不買!

ご協力をお願いします。


【拡散】をお願いします。

日本人の手で売春婦像を根こそぎ倒しましょう!


売春婦を奉る街、グレンデール

PageTop

吉田茂首相「在日朝鮮人全員の送還を望む」1949年 マッカーサ-への書簡から





吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書より
吉田茂=マッカーサー往復書簡集 [1945-1951] (講談社学術文庫)吉田茂=マッカーサー往復書簡集 [1945-1951] (講談社学術文庫)
(2012/07/11)
袖井 林二郎

商品詳細を見る






【※】 「密入国者」を「強制連行された」とすり替える、朝日新聞・反日NHK・TBSなどの反日団体を解体しましょう。

PageTop

世界が語る神風特別攻撃隊 ― カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか





吉本貞昭 著 『世界が語る神風特別攻撃隊 ― カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか』
http://amzn.to/1fotBgJ


目次

第一部 封印された「カミカゼ」の真実

第一章 米国の対日占領政策と特攻批判

「戦争犯罪情報計画」と特攻批判
元神雷部隊桜花隊員が語る特攻の意味
特攻は原則として「志願」
自分で納得がいかなければ特攻はできない
自分で納得がいかなければ特攻は拒否できる
国家の危機に青年が起つのは当然である

第二章 神風特別攻撃隊はなぜ誕生したのか

「九死に一生」から「必死必中」へ
特攻は海軍航空伝統の宝刀である
身を捨てて敵軍に体当たりした若きサムライたち
大西中将の「限定特攻」
神風特別攻撃隊の誕生
久納中尉と国原特務少尉の特攻志願

第三章 特攻作戦の開始

神風特別攻撃隊の出撃
神風特別攻撃隊の初戦果
二〇一空最後の攻撃
第二十四~第二十七金剛隊、新高隊の出撃
第二御楯隊の出撃
梓特別攻撃隊の出撃
第四御楯特別攻撃隊の出撃
沖縄特攻作戦の開始

第四章 人間爆弾「桜花」が日本を救う

神雷部隊はなぜ誕生したのか
第一次、第二次桜花攻撃の失敗
第三次桜花攻撃の成功
第四次桜花攻撃の失敗
第五次桜花攻撃の成功
第六次桜花攻撃の成功
第七次桜花攻撃の成功
第八次桜花攻撃の成功
第九次桜花攻撃の失敗
土方中尉が目撃した「桜花」の謎
第十次桜花攻撃の謎
野口上飛曹が目撃した「桜花」の謎
第十次桜花攻撃には戦果があった
桜花攻撃の終焉

第五章 神風特別攻撃隊の最期

特攻出撃の命令
最後の彗星特攻隊
宇垣長官機の出撃
宇垣長官機・最期の謎
米英側の発表には誤りがある


第二部 世界が語る「カミカゼ」の真実

第一章 封印された「カミカゼ」の戦果

『第二次大戦米国海軍作戦年誌一九三九─一九四五』が明かす「カミカゼ」の戦果
米国戦略爆撃調査団の報告書が明かす「カミカゼ」の戦果
米海軍極秘文書が明かす「カミカゼ」の戦果
「カミカゼ」の戦果は本当に少なかったのか
米海軍は「カミカゼ」対策をどのように行ったのか
特攻機はなぜレーダーピケット艦を攻撃目標にしたのか
特攻機はどのようにしてレーダーピケット艦を攻撃したのか
零戦はなぜ特攻機に選定されたのか
特攻機はどのようにして敵機動部隊を攻撃したのか
レーダー欺瞞隊の活躍
米機動部隊は五月上旬に沖縄上陸をあきらめようとしていた
連合国軍に与えた特攻隊の物資的、心理的効果
(※特攻の戦果に対する称賛と驚嘆の言葉を15件収録)
アーネスト・J・キング海軍元帥
チェスター・W・ニミッツ海軍元帥
ダグラス・マッカーサー陸軍元帥
ウイリアム・F・ハルゼー海軍大将
レイモンド・A・スプルーアンス海軍大将
J・B・オルデンドルフ海軍中将



第二章 「カミカゼ」は統率の外道なのか

特攻隊員を憐れむ人たちへ
日本と日本民族は滅びることはない
「カミカゼ」は軍隊における統率の極致である
特攻は「人命の尊重」である
ソ連とドイツにも特攻隊はあった
欧米人の自発的な体当たり攻撃

第三章 「カミカゼ」はなぜ世界で尊敬されるのか

武士道と特攻隊
世界が尊敬した特攻隊
(※神風特攻隊を称賛した言葉を9件収録)

第四章 神風特別攻撃隊員の遺書と書簡

神風特別攻撃隊員の遺書を読む
外国人から見た神風特別攻撃隊員の遺書と書簡

第五章 大西中将の自決と遺書

大西中将の自決
最後の遺書
大西中将と海軍航空の歩み
大西中将の武士道

PageTop

【軍事情勢】韓国・旭日旗禁止法は有名ブランドへの嫉妬

【軍事情勢】韓国・旭日旗禁止法は有名ブランドへの嫉妬
http://www.sankeibiz.jp/express/news/140330/exd1403300001000-n5.htm
[産経新聞](政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)

 吉田茂元首相(1878~1967年)が存命なら、韓国国会で唐突に審議に入った《旭日旗禁止法案》の淵源(えんげん)を「軍国主義の亡霊」ではなく「有名ブランドへの嫉妬」と総括するかもしれない。大日本帝國(ていこく)海軍の《軍艦旗=十六条旭日旗》を、海上自衛隊の《自衛艦旗》として最終的に承認するにあたり、吉田が語った感想から入る。

 「世界中でこの旗を知らぬ国はない。どこの海に在っても日本の艦であることが一目瞭然で実(まこと)に結構だ。海軍の良い伝統を受け継いで、海国日本の守りをしっかりやってもらいたい」

■ 群を抜く知名度

 国内では「めでたさ」なども表す旭日旗だが、「ライジングサン=昇る朝日」として世界中で名をとどめ、知名度は群を抜く。Tシャツにプリントして自己主張する外国人は日常の光景になった。米空軍の大統領専用機エアフォースワンのカラーリングも手掛けた工業デザイナー、レイモンド・ローウィ(1893~1986年)が、日本のビールメーカーの依頼で、ライジングサンを想起させるラベルを創った気持ちが分かる気がする。

 対する韓国海軍の海軍旗を知る外国人はどれほどいるだろう。この格の違いに、韓国人は嫉妬する。情念・怨念の濃さに哀しみさえ漂うが、国際法は学習しなくてはならない。

 そもそも、軍艦は国家の延長とされ、国外に在っては不可侵権など大使館と同様の特権を持つ。大きな権能を有する軍艦の証しが軍艦旗だ。国際法上は軍艦たる海自艦も当然、軍艦(自衛艦)旗を掲げる義務を負う。従って十六条旭日旗に対し、韓国内での製造や掲揚に罰則を科す法案の審議は、主権侵害を意識した無礼な作為である。

 ところが韓国人は、地球上のあらゆる国・分野で「旭日旗狩り」を行う。その目の付け所は常人の及ぶところではない。何と、歴史的建造物のステンドグラスの中にも「軍国主義の亡霊」を創り出す。

 在米韓国人団体が3月22日、米ペンシルベニア大学・芸術文化研究棟の学生食堂にあるステンドグラスの即時撤去を学長に要求した。ステンドグラスには、赤い太陽から扇の骨のような縞(しま)模様が延びているのだとか。棟が建てられた1928年ごろにはめ込まれたようだ。韓国人学生がフェースブックに写真を掲載したのが発端だった。他に▽旭日旗の戦犯性認識▽「事件」に関する個人・団体への教育▽外部への要求受諾表明-を求めた。団体会長は「知性が生まれる場に戦犯旗のデザインが飾られたのは衝撃」と述べている。

■ 芸術性に富む究極の意匠

 韓国側は旭日旗自体に加え「デザインを想像させる」だけでクレームを付ける。サッカー・体操の日本チーム向けユニホームやサポーターの応援旗だけに限ってもいない。つるし上げられた人物や組織・企業は当初??? 次いで執拗(しつよう)さにゾッとしたに違いない。

 ニューヨーク近代美術館展示の芸術作品▽韓国アイドルグループの東日本大震災向けチャリティーTシャツ▽日本のアイドルが発信したツイッター上のデザイン▽英ロックバンドのプロモーションビデオ▽米ミュージシャンのコンサート映像▽英企業のロゴ▽ニュージーランド企業のチョコレート広告▽イタリア製スマートフォンケース▽カナダ人総合格闘家の道着……

 並べてみて見えてきた。90年近くも前、ペンシルベニア大学のステンドグラスを手掛けた工芸作家や後のローウィと同様、世界中の感性が、きらびやかで、しかも雄雄しい、動かしがたいライジングサンの芸術性に魅せられたのだ。

 実際、帝國海軍の軍艦旗を、海自が《自衛艦旗》として受け継ぐ経緯(いきさつ)は、旭日旗がいかに究極の意匠であるかを物語る。

 54年の防衛庁・自衛隊創設前、旗章も全面的に見直される方向となった。まず海自の前身・保安庁警備隊内で広く意見を集め、図案を募集した。学者や画家の意見も聴いたが、軍艦旗復活が大勢だった。

 一方で、戦後の左翼・情緒的反軍平和の風潮が、復活を許さないのでは、との危惧もあった。そこで▽直線的▽単色▽一目瞭然▽すっきり▽一見して士気を高揚▽海上部隊を象徴するに十分▽海上における視認の高さ-を条件に、新たな旗を考案する方針となった。

■ 米内穂豊画伯も脱帽

 方針を受け、東京藝術(げいじゅつ)大学の意見を聴くと「軍艦旗は最上のもの。国旗との関連、色彩の単純鮮明、海の色との調和、士気の高揚など、全条件を満たしている」との回答を得る。

 図案研究は続き、米内穂豊(よない・すいほう)画伯(1893~1970年)に図案作成を依頼した。画伯は悩み抜いた末「20枚ほど案を描いたが、どうしても自分の意に満たない。軍艦旗の寸法があれば参考にしたい」と要請。数日後、画伯は重大な結論を口にした。

 「軍艦旗は黄金分割(注)による形状、日章の大きさ、位置光線の配合など実に素晴らしく、これ以上の図案は考えようがない。それで、軍艦旗そのままの寸法で図案を1枚描き上げた。お気に召さなければご辞退いたします。ご迷惑をおかけして済みませんが、画家としての良心が許しませんので」

 “画伯の作品”は最終検討を経て庁議にかけられた。前述した予備的な意見聴取段階と同じに、庁議でもデザインではなく▽帝國海軍との関係▽創設する海自への影響▽国民感情-などが焦点となった。結局、保安庁長官は裁可したが、もう一つハードルが待ち受けていた。

 主(ぬし)がいない軍艦旗を惜しみ、日本外洋帆走協会(現・日本セーリング連盟)が国籍旗として正式登録していた。防衛庁では協会に掛け合い、快くデザインを譲ってもらっている。

 斯(か)くも国際的に有名な軍艦旗は少ない。「極一部」を除き、斯くも国内外の人々に愛されるデザインも少ない。

 ところで、軍艦に行き会った民間船は揚げる国旗を少し下げ元の位置に戻す、敬礼をせねばならぬ海の慣行がある。領海では各国の警察権が及ぶが、公海では伝統的に軍艦が“警察権”を担保してきた。この役割への敬意の表明だ。軍艦側も、敬礼を受けると同時に軍艦旗を少し下げて答礼する。

 禁止法施行後、海自艦の韓国入港時、韓国民間船は果たして十六条旭日旗に敬意を示せるだろうか。国際人たる品格とシーマンシップが問われる。(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)

 ■黄金分割 小部分の大部分に対する比を、大部分の全部に対する比に等しくなるよう分割すること。ほぼ1対1.618。長方形は縦横の関係がこの比になるとき美観を与える。



海上自衛隊旗 旭日旗 背景が青空

PageTop

両陛下、明治神宮ご参拝、昭憲皇太后崩御百年を前に 皇太子さまも

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。