日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝日がまた誇張(嘘、捏造)している???


産経新聞の記事と朝日の記事を読み比べてください。

おそらく、朝日がまた誇張(嘘、捏造)している???

産経新聞
http://www.sankei.com/affairs/news/161027/afr1610270039-n1.html

高級腕時計を組事務所に宅配させ、その前で芝居 同僚組員に“銃”突きつけ「こんな状況では時計置いて帰れ」

 寸劇を演じて金品を脅し取ろうとしたとして、警視庁荒川署は27日、恐喝未遂容疑で、いずれも指定暴力団松葉会関根組系組員の派遣社員、古玉雄介容疑者(32)=東京都荒川区町屋=と大場一利容疑者(35)=愛知県半田市雁宿町=を逮捕した。大場容疑者は容疑を認め、古玉容疑者は「大場がやった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は6月13日午後1時20分ごろ、荒川区町屋の同組系事務所で、代金引換商品として高級腕時計1個(約85万円相当)を宅配させた際、配達員の男性2人に対し、大場容疑者がモデルガンを使って古玉容疑者を撃とうとする芝居を打ち、「こんな状況では帰れ」と時計を置いていくよう脅したとしている。 

 配達員2人がとっさに時計が入った箱とモデルガンを持ち帰り、同署に110番通報したことで事件が発覚した。




朝日
http://www.asahi.com/articles/ASJBW6CVKJBWUTIL04L.html


「配達員が屈強でかなわない…」恐喝未遂容疑で組員逮捕


 暴力団組員が屈強な宅配便の配達員に屈した――。

 組事務所に届いた代金引換の宅配物を脅し取ろうとしたとして、警視庁は、いずれも指定暴力団 松葉会系の組員古玉雄介(32)=東京都荒川区=、大場一利(35)=愛知県半田市=の両容疑者を恐喝未遂容疑で逮捕し、27日発表した。

 荒川署によると、大場容疑者は6月12日、インターネットで高級腕時計(販売価格約86万円)を注文。翌日、佐川急便の男性配達員(38)が荒川区町屋3丁目の組事務所に品物を届けに来た際、大場容疑者が古玉容疑者にモデルガンを突きつける「ヤクザ同士の内輪もめ」の場面を見せつけ、代金を払わずに商品を脅し取ろうとした疑いがある。

 ところが、この配達員は、同行していた同僚男性(44)とともにモデルガンと商品を取り上げ、110番通報。容疑者2人は慌てて事務所から逃走した。大場容疑者は「配達員が屈強でかなわないと思った」。古玉容疑者は「大場(容疑者)がやったことだ」と容疑を否認しているという。


スポンサーサイト

PageTop

【ネスレ・ボイコット】 日本人の手で売春婦像を根こそぎ倒しましょう!

【ネスレ・ボイコット】
告発と抗議行動により、1970年代半ばに問題は国際化した。1979年には
世界保健機関と国際連合児童基金によって国際会議が行なわれ、1981年、
「母乳代用品の販売流通に関する国際基準(通称:WHOコード)」が
賛成多数で採択された(日本は棄権)。
こうした動きのなかで1977年、女性を中心に当時の乳児用粉ミルクの最大手だった
ネスレ社を相手にした不買運動、ネスレ・ボイコットが開始された。

日本では乳幼児食品に対する広告を規制するWHOコードはほとんど
採用されていない。
また、関心も問題意識も低いため、この運動そのものはごく一部の認知になっている。

ネスレ米国法人の本社が立地するカリフォルニア州の
グレンデール市はネスレの企業城下町である。

★ グレンデール市は売春婦像を建立する大馬鹿シティー。

ネスレ・ボイコット!

【参照】
「ネスレ」(ウィキ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC

「ネスレ・ボイコット」(ウィキ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88



☆ ネスレ・ボイコットに便乗しましょう!

売春婦像を根こそぎ倒しましょう!

問題意識を高めましょう。

ネスカフェ、キットカット、ブライト、マギーブイヨン、ミロ(などのネスレ商品)を不買!

ご協力をお願いします。


【拡散】をお願いします。

日本人の手で売春婦像を根こそぎ倒しましょう!


売春婦を奉る街、グレンデール

PageTop

すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。