日本を取り戻す

日本を取り戻しましょう。

産経新聞の販売店がやる気満々になった理由



産経新聞の販売店がやる気満々になった理由



それは、押し紙を廃止したからです。



産経新聞が、押し紙を廃止した2009年の1月から2月にかけて、一時的に急激に部数が減りました。

しかし、押し紙という圧力から解放された産経新聞の販売店がやる気満々になり

その後は、他紙より部数減の比率が、大幅に改善されました。



【資料】
産経新聞が押し紙を廃止した2009年の1月から2月にかけての発行部数
(日本ABC協会の調査)
2009.01 204万部 前年同月比17万部減
2009.02 187万部 前年同月比30万8千部減

スポンサーサイト

PageTop

二重国籍者・蓮舫が、詰んだ


原口一博 元総務相
「国籍法16条は努力義務ですが、14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。それをなされないということは、14条違反になる。私は総務大臣だったので、そこからひるがえると公職選挙法や政治資金規正法違反になる。国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある」


第十四条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。




この動画の12分10秒ぐらいから原口一博 元総務相が発言しています。



PageTop

三島由紀夫 檄






美空ひばりは日本人です。

週刊文春が徹底調査しています。

「スター誕生」吉田司(1999年、講談社)より転載します。

実はもう30年も前から、ひばりの父親・増吉が在日韓国人だという説が存在している。主に在日の人々の間で流布している(中略)「(焼肉の老舗)食道園の常連には、戦後を代表する2大スターがいた。美空ひばりと力道山である。(中略)2人は出自を徹底的に隠して、戦後日本の英雄となったと韓国・朝鮮系の人々には信じられている」(中略)ひばり父親が在日だという証拠は、いまのところどこを探しても見つかっていない。戸籍は増吉も彼の父も栃木県富岡村となっている。(中略)10年前には『週刊文春』が徹底調査して、増吉の在日韓国人説は根拠なしと結論付けている。ひばりさんが死んだ89年、韓国の『週刊女性』が、「ひなりは韓国人の父と日本人の母との間に生まれた」との記事を載せたことに反論して同年8月10号で、日韓両国の関係者多数にインタビュー照査したのである。まず最初に、「ひばりが韓国系であることの証拠?それはずっと昔から言われていたことで、韓国では常識になっています」という韓国『週刊女性』白承悦編集部次長の声を載せ、あちらの国ではもうそれは証明するひつようのない定説と化している現実を紹介し、それに対する日本人関係者の反論をこう続けている。「美空ひばりが韓国系と言われる根拠は?と尋ねても、韓国内に答えられる人はいない。すべて在日韓国人から伝えられた話ですら(ソウル特派員)」「韓国の人は誰もがあんなに歌のうまい歌手が日本人であるわけがないという。(中略)しかしだからといって、ひばりさんの韓国系説の証拠にはならない(コロムビア・ひばり担当の馬渕さん)」「ひばりのお母さんはね、以前、韓国系説を聞いて、お父さんが韓国人だったら、もっと親切だったわとってわらってましたよ(竹中労)」また増吉の生まれ故郷・富岡村の近所の人の声も載せている。「増吉さんも私の家も江戸時代から、ずっとこの村にあった農家です。昔は組頭を務めて、私の家より格は上だったらしい。でも、父親の長作さんの時代に没落して、私の家の小作人をやっていた。家は畑の中の小屋みたいなものだったけど。韓国人?そりゃデマだっべ(加藤實今市市議会副議長)」私も、ひばりに詳しい芸能マネジャーのNさんに訊いてみた。「有名人はファンに騒がれると困るから、マネジャーが懇意にしてる店に深夜こっそり行くケースが多い。たまたま担当者が、ひばりと力道山の両方の興行にタッチしてると、同じ店を紹介する。ひばり母娘が、焼肉の食道園に顔隠ししてやって来たことが、韓国系だという証拠にはならないでしょう」(中略)ただこうした度重なる日本人側からの否定にもかかわらず以前として、この説が在日の人々の間で強固に信じられていることもじじつである。それは一つには、韓国で高まっている反日=韓国ナショナリズムが、いまや在日韓国人をも半チョッパリ(半日本人)と呼んで侮蔑の対象にする場合が増えたかもしれない。在日韓国人は、祖国から弾き裂かれた悲劇の主人公の座をすべり落ち、日本の国の中に、自らのアイデンティティを求める。美空ひばりとは、そのために彼らが必要とする英雄神話の一つなのではないか。


2014年11月25日
シンポジウム『吉田松陰と三島由紀夫』で
女性ジャーナリストの葛城奈海さんが
「市ヶ谷記念館でガイドとして勤務しておりました。その間に三島由紀夫、森田必勝ご両名と思われる黒い影を目にしたことがあります」
と語られました。


三島由紀夫、森田必勝 ご両名への畏敬の念を表現した歌、それが『昴』です。

憲法改正を成し遂げなければ、日本を取り戻せません。

日本を取り戻す歌、それが『昴』です。


三島由紀夫、森田必勝 ご両名が切腹された総監室(現在、市ヶ谷記念館に現存)に美空ひばり歌唱の『昴』を流して頂きたいです。

PageTop

三店方式 と 保険金目的の放火殺人事件


三店方式は違法です。

現金化は「事実上の賭博」にあたるものの、警察が裁量で「黙認」しているのが実態

産経新聞も断定しています。


産経新聞の記事
カジノ議連きょう発足 パチンコ換金、合法化検討
2010.4.14 08:22
このニュースのトピックス:超党派

 カジノ合法化法案の成立を目指し14日に発足する超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」は13日、警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコについてもカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針も固めた。カジノを合法化すれば「パチンコは賭博ではないのか」との議論が起こりそうなため、パチンコによる換金も行政の監視下で合法化させるのが目的だ。

 カジノ法案では、カジノについて、国や地方公共団体が運営を厳格に管理、監督することを定めることで、刑法が禁じる賭博の「例外」扱いにする。民主党の案では、地方公共団体の申請を受けた国がカジノエンターテインメント(特定複合観光施設)区域を指定。地方公共団体は、運営する民間事業者を公募・選定し、警察と協力して違法行為の摘発、監視も行う。

 一方、パチンコは現在、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」で「遊技場」と位置づけられ、獲得賞球は、日用品などに交換することになっている。しかし、金地金などの特殊景品に交換し、外部の景品交換所で現金化されることが多い。現金化は「事実上の賭博」にあたるものの、警察が裁量で「黙認」しているのが実態だ。

 パチンコ業界は客離れの加速とともに、ギャンブル性の高い遊技機の導入が増え、「庶民の娯楽からかけ離れつつある」との指摘もある。これを踏まえ、議連はパチンコも国や地方公共団体が管理、監督し、「健全な庶民の娯楽の場」として再生を図りたい考えだ。


『三店方式』ウィキ
1961年に大阪で元大阪府警警察官だった水島年得が考案して誕生した「大阪方式」がきっかけとなり、それが全国に拡大した


三店方式は、大阪府警が発案!



その大阪府警だが…

11歳女児が強姦され、その日に火災で死亡
50日後、朴龍晧と青木恵子が任意の取り調べで保険金目的の放火殺人を自白
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6325.html

21年後 再審無罪

大阪府警がきちんと仕事をしていれば、こんな結果にはならなかった!


大阪府警よ、きちんと仕事しろ!!!

PageTop

台湾製「空母キラー」ミサイル 驚きの高性能 威力は世界最強


産経新聞 2016.8.6 11:00更新
http://www.sankei.com/world/news/160806/wor1608060001-n1.html

【田中靖人の中国軍事情勢】
誤射でバレてしまった台湾製「空母キラー」ミサイルの驚きの高性能とは? 威力は世界最強かも


 台湾で7月1日、停泊中のミサイル艇が対艦ミサイル「雄風3」を誤って発射し、命中した漁船の船長1人が死亡する事故があった。その後の調査や報道で、台湾海軍の規律の緩みが浮かび上がる一方、「空母キラー」と呼ばれるこのミサイルの性能が注目されることになった。超音速で飛行し、小さな漁船を自ら探知して船体の中央部に命中した雄風3の性能の高さが、図らずも内外に示された形だ。


陰謀論も


 事故は7月1日の朝早くに起きた。戦闘能力試験を受けるため、南部・高雄市の左営海軍基地に停泊していた錦江級ミサイル艇「金江」(約500トン)が午前8時15分、1発の雄風3を誤射。ミサイルは中国方向に約40カイリ(約74キロ)飛行し約2分後の同17分、澎湖諸島の南東沖を航行中の漁船に命中、木造の船体を貫通し、その後、約2カイリ(約4キロ)飛行して海中に没した。ミサイルは操だ室を直撃しており、船長が死亡、船員3人が負傷した。

 着弾地点は、台湾海峡の中間線まで約66カイリ(約125キロ)。台湾海峡(幅約130~410キロ)には多数の船舶が航行している上、有効射程約140キロ、延長型で射程約300キロ超とされる雄風3なら、中国沿岸部まで飛び中国の艦船に命中してもおかしくない。台湾への武力行使の口実ともなりかねず、週刊誌「壱週間」は「あと少しで台湾海峡の戦端を開くところだった」と表現した。当日の台湾海軍の記者会見でも、中国軍の反応を問う質問が出たが、海軍は「いかなる異常もない」と強調した。


 この日は中国共産党の結党95周年の記念日でもあり、事故直後には、台湾独立色の強い民主進歩党への政権交代に不満を持つ軍内部が、蔡英文政権を困らせるためにあえて中国を挑発したのでは、という陰謀論もささやかれた。折しも、蔡総統は中南米外遊中で不在。雄風3が「空母キラー」と呼ばれる“敏感”な兵器であることも、陰謀論に拍車をかけた。

陰謀よりひどい実態


 海軍は当初から「人為的なミスが原因」としていたが、その後の調査や報道で、単なるミスに止まらない、安全管理や発射手順を軽視した規律の緩みが次々に明らかになった。


 実際に発射してしまったのは、34歳の「ミサイル操作手」。陸軍の軍曹に相当する「中士」の階級のこの下士官は、操作手になって3年で初めての戦闘能力試験を前に、手順を復習したいと申し出た。緊張で寝不足のまま発射管制装置がある「戦闘情報室」に入室。手順を確認していたところ、誤って装置を実戦で使用する「発射モード」にした上で、目標地点の座標を軍の訓練水域がある澎湖諸島沖として入力、発射ボタンを押してしまったという。この間、上官の発射管制士官長(曹長)は席を外し、戦闘情報室には操作手1人しかいなかった。


 発射装置にカギを挿したまま上官が不在にしたことに加え、通常の手順と異なり、甲板に設置されたミサイル発射機4基全てに電源コードを挿したままになっていたことで、発射できる状態になっていたことが判明。海軍は直ちに海軍司令や艦長ら7人の処分を発表し、司法当局に捜査を委ねた。

 外遊から2日に戻った蔡総統は、複数の安全管理手順が全て無視されていたことは「想像しがたい」とした上で「このような事件は絶対に許せない」と非難。「規律の緩みの表れだ」と再発防止を厳命した。


驚きの性能


 雄風3は、台湾の国防部(国防省に相当)系列の研究開発機関「中山科学研究院」が自主開発した超音速の対艦ミサイル。同研究院は詳細を公開していないが、超音速であることや、シースキミングと呼ばれる海上を超低空で飛行する方法で目標に接近すること、終末段階はアクティブレーダー方式で目標を探知すること、射程は「100キロ超」であることなどを公表している。


 シースキミングは目標となる敵艦の防御時間を短くし命中率を高める方法。同研究院の元開発担当者、張誠氏は台湾メディアに対し、最大速度はマッハ2・5~3になると明らかにした。

 2007年から成功級フリゲート艦や錦江級ミサイル艇への搭載が始まり、昨年就役した高速コルベット艦「沱江」にも装備されている。同研究院は陸上発射型への転用も示唆しているが、現在のところ配備は確認されていない。


 同じく超音速対艦ミサイルでは、ロシアのSSN22サンバーンが有名だが、張氏によると、雄風3は全長(約6メートル)、重量(推定1500キロ)ともにほぼ半分のサイズ。このため、小型のミサイル艇にも搭載可能で、幅広い運用が可能になる。「空母キラー」の異名を持つものの、中国海軍が台湾侵攻時に使用する大型戦闘艦艇全てが対象で、台湾軍が整備を進める「非対称戦力」の象徴でもある。


 大型艦艇を想定した雄風3が今回、終末段階で自ら小型漁船を探し出し、その中心部に命中したことで、極めて精度が高いことが明らかになった。漁船は過去に違法な電気ショック漁法で摘発されたことがあり、電気を発生させる装置をミサイルのシーカーが演習で使用する標的板と誤認した可能性が指摘されている。


 また、誤射の検証過程で、ミサイルの発射モードに「単発」と「双発」があることも判明。双発モードでは、同一目標に2発を同時発射して相手側に迎撃する時間を与えない「飽和攻撃」を行うことも分かった。張氏は雄風3の性能について「世界の超音速対艦ミサイルの中で最強」としている。


 大型艦では米海軍の中古品が中心の台湾海軍だが、今回の誤射事件で、中国の脅威に対し、極めて高度な兵器を自主開発して対抗していることが明らかになった。(台北)


PageTop